So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

[オーロラ]  [[自然現象]]





オーロラ英語: aurora)は、天体の極域近辺に見られる大気の発光現象である。極光(きょっこう)ともいう。

オーロラという名称はローマ神話の暁の女神アウロラ(Aurora)に由来するが、科学術語になった過程については定説がない。

この名称は17世紀頃から使用され始めたと考えられており、名付け親はフランスのピエール・ガッサンディという説があり、エドモンド・ハレーが自らの論文の中でこの説を述べている。その一方でイタリアのガリレオ・ガリレイが名付けたという説もある。当時彼は宗教裁判による命令で天体に関することを書けなかったため、弟子の名を使ってこのことを著している。

【ノルウェー】湖畔から見上げるオーロラ.jpg

オーロラという名称が浸透する以前からも現象そのものは紀元前から様々な地で確認・記録されており、アリストテレスやセネカはオーロラを天が裂けたところであると考えていた。特にアリストテレスは『気象論』で「天の割れ目(CHASMATIS)」と表現した。また、日本では古くは「赤気」「紅気」などと表現されていた。現代日本語では北極近辺のオーロラを北極光、南極近辺のオーロラを南極光と呼ぶこともある。

アメリカやスカンジナビアではオーロラのことをnorthern lights(北の光)ともauroraとも呼ぶが、徐々にauroraも使うようになって来ている。また北極光をnorthern lights、あるいはAurora Borealis、南極光をsouthern lights、 あるいはAurora Australisと呼ぶ。オーストラリアではオーロラのことをnorthern lightsと呼ぶ。ときにはAurora polarisと呼ばれることもある。


スポンサーリンク



★ヨーロッパ1- 絶景&記事★

イギリス】カーナヴォン城
http://p.tl/b1nN

【イギリス】コッツウォルズ
http://p.tl/br_6

【イギリス】カンタベリー大聖堂
http://p.tl/yCkI

【フランス】プロバンス
http://p.tl/wZtT

【フランス】エッフェル塔
http://p.tl/zYPM

【フランス】コルマール(ハウルの動く城)
http://p.tl/BIGr

【フランス】ミヨー橋
http://p.tl/6y6B

【フランス】モン・サン=ミシェル
http://p.tl/bBqq

【フランス】シャンボール城
http://p.tl/GuQh

【ノルウェー】プレーケストーレン
http://p.tl/prYZ

スウェーデン】ヴィスビュー
http://p.tl/vfu1

【スウェーデン】ストックホルム
http://p.tl/gnv7

【フィンランド】サンタクロース村
http://p.tl/EIul


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。