So-net無料ブログ作成

【アメリカ】ゴールデンゲートブリッジ  [アメリカ]

ゴールデンゲートブリッジ(英: Golden Gate Bridge)、金門橋(きんもんきょう)は、アメリカ西海岸のサンフランシスコ湾と太平洋が接続するゴールデンゲート海峡に架かる吊り橋。

主塔の間の長さ(中央径間、支間)が1,280メートル、全長2,737メートル。主塔の高さは水面から227メートル。

【アメリカ】ゴールデンゲートブリッジ。A5w9f.jpg

橋の建設は1933年に始まり、1937年に完成した。1964年にニューヨークのヴェラザノ・ナローズ橋が完成するまでスパン世界一の吊り橋であった。建設費は2,700万ドル。

建設
この橋の建設で主要な役割を果たしたのは、 ジョゼフ・シュトラウス(英語版)である。彼はそれまでに小規模ながら400本以上の「はね橋」の建設に携わってきた人物である。最初に彼が提案した案は大きな片持トラス桁を使うものであった[1]。ほか、関わった重要人物としては、アールデコ調のデザインと色彩を決めた、アーヴィング・モロー(英語版)、数学的検証を共同で行ったチャールズ・アルトン・エリス(英語版)、レオン・モイセフ(英語版)などである。モローの意見により自然との調和と霧の多いこの地域での視認性を考慮してインターナショナルオレンジという鮮やかな朱色(緊急事態を表す色でもある)が選ばれた。


利用
橋は南のサンフランシスコから北のマリン郡方面へ抜ける唯一の道であり、6車線の道路と歩道を持つ。中央分離帯は、上り下りの交通量によって移動するしくみで、朝の通勤時間帯であれば南行きが4車線となる。歩道は自転車の通行も可能で、通常時は東側が歩行者用、西側が自転車用の道路となる。通行料は、南行き(サンフランシスコ方面)の自動車は通行料を要し、2011年現在、ファストラック(英語版)払いの場合 6.00 米ドル、ETC 払いの場合は 5.00 米ドル。となっている。

ここはサンフランシスコの主要な観光名所ではあるが、同時に自殺の名所にもなっている(2006年に製作された映画「ブリッジ」はこれをテーマにしたもの)。水面から約67mもあるため終末速度は時速130km[2]にもなり、落水事故972名中 生存者はわずか19名であり、死亡率は実に98%にもなる。その対策のため2005年から防護柵を設ける提案がなされているが、4,000万から5,000万ドルにもなる費用や、景観を損ねるであろうこと、大型の防護柵を設置したことによる暴風の影響などの観点から反対意見も少なくなく、2008年現在実現には至っていない。現状の対策としては、自殺中止を呼び掛けるホットラインのポスターの掲示や、スタッフによるパトロール、夜間における歩行者の通行禁止などである。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク



★北米 - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【アメリカ】ゴールデンゲートブリッジ

【アメリカ】セドナ

【アメリカ】マルトノマ滝

【アメリカ】モニュメント・バレー

【アメリカ】イエローストーン国立公園

【アメリカ】タイムズ・スクウェア

【アメリカ】フロリダ州

【アメリカ】ヨセミテ国立公園

【アメリカ】アンテロープ・キャニオン

【アメリカ】シップロック

【アメリカ】マイアミ

【アメリカ】ザイオン国立公園

【アメリカ】アラスカ

【アメリカ】レーニア山

【アメリカ】ローダンテ、ノースカロライナ州

【カナダ】モレーン湖


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。