So-net無料ブログ作成
検索選択
エジプト ブログトップ

【エジプト】ピラミッド [エジプト]

エジプトピラミッド(Egyptian pyramids)は、エジプトに位置する、角錐の形をした古代のピラミッドである。2008年時点で138個が発見されている。そのほとんどは、エジプト古王国からエジプト中王国時代のファラオかその家族の墓である。

エジプトのピラミッドのうち最も古いものは、ジェゼル王のピラミッドで、エジプト第3王朝の時代に作られた。このピラミッドと周囲の建造物はイムホテプによってデザインされ、化粧石で造られた世界で最も古いモニュメントだと考えられている。

【エジプト】ピラミッド .jpg

エジプトのピラミッドで最もよく知られているのは、カイロ郊外にあるギーザのピラミッドである。ギーザのピラミッドのいくつかは、歴史上最も大きな建築物だと考えられている。

ギザにあるクフ王のピラミッドは、エジプトのピラミッドで最も大きなものであり、世界の七不思議の一つに数えられている。





スポンサーリンク





歴史的な発展
サッカラにあるファラオのマスタバエジプトの王朝の初期の時代から、マスタバとして知られるベンチ状の構造物は大きな意味を持っていた[7][8]。

文献上最初のエジプトのピラミッドはイムホテプにより作られたものであり、それはジョセルのために計画されたと考えられている。マスタバの上部同士を積み重ね、頂上まで何段にもなる大構造物にすることを最初に考えたのはアメンホテプだと言われている。それを実現したものがジョセルの階段ピラミッドであり、死んだファラオの魂が階段を登って天国に行けるようになっている。これこそが後のエジプト人にイムホテプを神聖視させた重要な業績であった[9]。

ピラミッドが最も多く作られた時代は、ファラオの権威が絶対的であった時代と一致する。ギザのピラミッドの近くにある多くの有名なピラミッドができたのもこの時代である。時とともに権威は分散し、ピラミッドの建設に必要な資源や熱意は失われていき、ピラミッドは小さくみすぼらしくなっていった。

ピラミッドの建設時代が終わって長い時間が経つと、ナパタ王の時代に今日のスーダンでは多くのピラミッドが破壊された。紀元前661年にナパタ王の時代が終わり、紀元前300年から300年頃のマロエの時代になると、ピラミッドの再建が盛んになり、200以上のピラミッドが作られた。



ピラミッドのシンボル
ピラミッドの内部構造の図示エジプトのピラミッドの形は、ベンベンを模していると考えられ、エジプト人は地球はここから創られたと考えていた。またこの形は太陽の光線を表しているとも考えられている。多くのピラミッドの表面は磨かれて反射率の高い石灰岩でできており、遠くから見た時に輝いて見える。

ピラミッドは死者のモニュメントだと一般的に考えられているが、特定の神学的原則からこの説に反対し続けている者もいる。ある説では、ピラミッドは一種の甦りのマシーンとしてデザインされたというものもある。

エジプト人は、夜空で星が周りを回っている暗い部分は、天国への物理的な玄関だと考えていた。メインの墓室から伸びる軸の1つはピラミッドの中を抜けて、空のこの方向を向いている。このことは、ピラミッドはファラオの魂を神に届ける呪術的な装置であったことを示唆している。

エジプトのピラミッドは、全てナイル川の西岸に作られている。これは、エジプトの神話で日の沈む場所は死者の領域だったからである。

(Quoted from Wikipedia)

☆絶景 - 東欧、アフリカ、中近東、中央アジア☆

【チェコ】プラハのストラホフ修道院。
http://p.tl/Tx6F

【チェコ】カレル橋。
http://p.tl/5mAK

【クロアチア】ドゥブロヴニク
http://p.tl/YP1q

【ポーランド】
http://p.tl/b1nN

【モロッコ】フェズの迷路
http://p.tl/aB6q

【エチオピア】ダナキル砂漠
http://p.tl/QE16

【ジンバブエ】ビクトリアの滝
http://p.tl/XlW1

【南アフリカ共和国】喜望峰
http://p.tl/Zi-9

【セーシェル】プララン島
http://p.tl/AVSR

【イエメン】ソコトラ島。
http://p.tl/UxsM

【シリア】ボスラの円形劇場
http://p.tl/USWy

【ヨルダン】ペトラ遺跡
http://p.tl/Xbia

【ヨルダン】ペトラ遺跡
http://p.tl/OdOV

【エジプト】カイロ
http://p.tl/FFAJ

【エジプト】ピラミッド
http://p.tl/XgOE

【トルコ】イスタンブルの歴史地区
http://p.tl/xgCL

【トルコ】イスタンブル
http://p.tl/s3jI

【トルクメニスタン】
http://p.tl/bt8k




スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【エジプト】カイロ  [エジプト]




カイロ(アラビア語:アル・カーヒラ、英語: Cairo)は、エジプトの首都である。アフリカ、アラブ世界で最も人口の多い都市であり、その地域を代表する世界都市の一つである。アラブ連盟の本部所在地でもあり、アラブ文化圏の中心都市である。

【エジプト】カイロ。UsJf.jpg

ナイル川下流河畔の交通の要衝として、中世に建設されてより現在にいたるまで長い時代を通じ、イスラム世界の学術・文化・経済の中心都市でありつづけた。都市自体の人口は675万8581人(2006年)、近郊を含む都市的地域の人口は1729万人で、世界第11位である。2012年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第50位の都市と評価されており、アフリカの都市としては第1位であった。またプライスウォーターハウスクーパースが公表した調査によると、カイロの2008年の都市GDPは1450億ドルで、世界第42位、アフリカでは第1位である。



エジプトの乾燥した大地にナイル川が形作った肥沃なデルタ地帯のほぼ南端、要に位置し、河谷を流れてきたナイル川がデルタを形成する、その先端に位置する。エジプトはナイル河谷地方の上エジプトとデルタ地方の下エジプトとに古代エジプト以来2分されているが、その両者の接点にカイロは位置する。イスラム帝国が7世紀にエジプトを征服したとき、征服者アラブ人の住まう軍営都市(ミスル)が置かれて以来のエジプトの首府である。

日本語でよく知られる都市名のカイロは、英語名の Cairo に由来しており、現地語であるアラビア語ではカーヒラ(現代エジプト方言ではカーヘラ)という。しかし、現在でもミスル(現代エジプト方言ではマスル。もともとは「エジプト」を意味する呼称)という通称がよく用いられる。

カイロの中心市街はナイル川の右岸、東側に位置する。ナイルをはさんで対岸の西郊には、ピラミッドで有名なギーザの町がある。町の南は古代エジプトの中心都市のひとつ、メンフィスである。

(Quoted from Wikipedia)



スポンサーリンク





★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

【モロッコ】フェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【エジプト】ギザの大ピラミッド  [エジプト]




ギザの大ピラミッドギザのだいピラミッド、英語: Great Pyramid of Giza)とは、ピラミッド建築の頂点とされる「クフ王のピラミッド」である。エジプトのギザに建設された。世界の七不思議で唯一現存する建造物である。このピラミッドはエジプト第4王朝のファラオ、クフ王の墳墓として紀元前2540年頃に20年以上かけて建築されたと考えられている。完成時の高さ146.6mは、14世紀以降ヨーロッパ教会建築がその高さを超えるまで世界で最も高い建造物であった。

【エジプト】ギザのピラミッド .jpg

ギザの大ピラミッドに至るまでの沿革
一般に、ピラミッドの出現は、ファラオ(王)を頂点とした中央集権国家が確立したことを示している。したがってピラミッドの建造が盛んなことは、エジプト中央集権国家としても盛期であったと言える。
ギザの三大ピラミッド(ギザの大ピラミッド〈クフ王のピラミッド〉、カフラー王のピラミッド、メンカウラー王のピラミッド)が建造された時代は「エジプト古王国時代(第3-第6王朝)」であり、この時代のピラミッドは、規模・技術ともに最高水準を示すことから、当時のことは、別名で「ピラミッド時代」ともいわれる。
なお、ピラミッドの語源は諸説あって確定できない。語源の最も有力な説はギリシア語で三角形のパンを指すピューラミスに由来する、という説である。古代エジプト語名は「メル(mer)」で、「昇る」という意味。ミル、ムルとも発音し、ヒエログリフでは△と表記した。


スポンサーリンク

>
★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

モロッコフェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門

スポンサーリンク

>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【エジプト】ルクソール神殿  [エジプト]




ルクソール神殿(ルクソールしんでん、英語: Luxor Temple)は、エジプトのルクソール(古代のテーベ)東岸にある古代エジプト時代の神殿複合体である。もともとカルナック神殿の中心を形成するアメン大神殿の付属神殿として、エジプト第18王朝ファラオのアメンホテプ3世によって中心部分が建立された。
神殿の後方には、アメンホテプ3世とアレクサンドロス3世によって構築された祠堂がある。ローマ時代には、神殿およびその周辺は軍の要塞となり、その領域はローマ政府の基地であった。

【エジプト】ルクソール神殿k5zj.jpeg

アメン大神殿とはスフィンクスの参道で結ばれていた。神殿入口となる第1塔門の前には1対のラムセス2世の坐像、その手前にはオベリスク(高さ25メートル)が1本立っている。オベリスクは本来左右2本あったが、右側の1本(高さ22.55メートル)は1819年、フランスに贈られてパリに運ばれ、現在コンコルド広場にある。



スポンサーリンク

>
★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

モロッコフェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

トルコイスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門



スポンサーリンク

>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
エジプト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。