So-net無料ブログ作成
チェコ ブログトップ

【チェコ】ストラホフ修道院・図書館  [チェコ]




ストラホフ修道院はプラハ城の南西、ぺトジーン丘にあり、1140年に建てられたチェコで最も古い男性の修道院です。現在は民族文学博物館として利用されています。

【チェコ】ストラホフ修道院・図書館 .jpg


見所は2つの図書室で、一つは数十万冊の書物が所蔵されている哲学ホール、もう一つは天井のフレスコ画が美しい神学ホールです。どちらもバロック様式で建てられています。

【チェコ】世界遺産の図書館。CAAEdC4_.jpg

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク



★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

【モロッコ】フェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【チェコ】カレル橋  [チェコ]




カレル橋(カレルばし、チェコ語: Karlův most)はチェコ共和国の首都、プラハを流れるヴルタヴァ川に架かる橋である。

【チェコ】カレル橋。E8A9c.jpg

神聖ローマ皇帝カール4世の治世下1357年に建設が始まり1402年に完成した。建築家ペトル・パルレーの設計による。1841年までプラハ旧市街とその周囲をつなぐ唯一の橋であった。また、西欧と東欧の交易ルートとしてプラハが重要な地位を占めるようになった。最初は単に石橋、プラハ橋と呼ばれていたが1870年よりカレル橋と呼ばれるようになった。

橋の長さは515.7メートル、幅は9.5メートル。15のアーチの上に、砂岩の切石の橋桁が渡されている。また橋を守るために3つの塔が建てられており、とくに旧市街側の塔はゴシック様式の建築として名高い。橋の欄干には15体ずつ、合計30体の彫刻が並んでいる。その多くはバロック様式である。1683年、初めてヤン・ネポムツキー像が据えられた。カトリックの聖人ヤン・ネポムツキー像の基部にあるネポムツキーのレリーフに触れると幸運が訪れるといわれ多くの人に触られたためつるつるになっている。

昼間のカレル橋は観光客で賑わい、橋の上には多くの露店が並ぶ。また、大道芸、見世物、ジャズ演奏なども行なわれる。夜になるとプラハ城やカレル橋がライトアップされ、夜の散歩を楽しむ人々の通りになる。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク


★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

【モロッコ】フェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【チェコ】ドミカ洞窟   [チェコ]




ドミカ洞窟
新石器時代に人類が居住していたといわれるスロバキアの洞窟。
いくつかの考古学的発掘における道具と焼き物とスロバキア各地に散在する埋葬地の発見、相対的に標高の高い北部地域の驚くべき発見も含む、は新石器時代の人類の居住の証拠を与えた。w:Gemerおよびthe Bukove hory massifで見つかった焼き物は、顕著な造形と精密な線形による装飾によって特徴づけられる。 それはまた、最初の彩色の試みであった。この意図的な装飾品は、発展された新石器時代の職人の美的センスを示している。 重要な考古学上の発見はかつて居住していた洞窟にもあった。たとえば、人類は長さほぼ6000メートル、深さ700メートルの有名なドミカ洞窟にも居住していた。 この洞窟はヨーロッパにおける最大の新石器時代のdepositsの一つである。the Massif Bukove horyからやってきた、焼き物を製作した部族は800年以上にわたり継続的に、ドミカ洞窟に居住していた。

【チェコ】ドミカ洞窟.jpg


中央ヨーロッパの新石器時代の遷移は農業の発展と牧草地の開拓と局地的段階の最初の金属の精錬、"Retz"様式の焼き物と素焼きの笛で特徴づけられる。「素焼きの笛時代」の間、人々はw:Nitriansky Hradokに、いくつかの要塞化された景観を建設している。 新石器時代が始まったとき、今日のスロバキアの地理的な位置は貝殻、琥珀、宝石および武器のような財のための緻密な交易網を担っていた。その結果、そこはヨーロッパの交易システムにおいて重要な拠点となった。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク

>


★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

【モロッコ】フェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門



スポンサーリンク

>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【チェコ】モラヴィア   [チェコ]





モラヴィア(英語: Moravia、チェコ語: Morava、ドイツ語: Mahren, メーレン)は、チェコ共和国の東部の名称。西部はボヘミア(ベーメン)という。歴史的な中心地はブルノ。
地名はモラヴァ川に由来する。古代にスラヴ民族の王国の名称となり定着した。この地方のチェコ語の方言を話す人々をモラヴィア人 (de:Mahren (Volk)) といい、チェコ人の下位の民族集団ともとらえられる。

【チェコ】モラヴィア.jpg

地誌
チェコの住民と地方は文化(主な特徴は言語、民俗衣装など)によって幾つかに区分されるが、チェコ共和国東北部のシレジアは普通モラヴィアには含まれない。モラヴィアの中にもラキア (Lachia, La?sko) 、ワラキア (Wallachei, Valachia, Vala?sko) 、ハナ (Hana) 、スロヴァキア (Slovacko) といった地方名がある。

歴史
9世紀から10世紀にかけてスラヴ系民族が大モラヴィア王国を築く。東フランク王国と対立を繰り返しつつ、東ローマ帝国から正教会と文化を受け入れた。「スラヴの使徒」キュリロスとメトディオスが布教を行ったのも、このモラヴィア王国である。
しかし王国内部からの分裂によって、東フランク王国に屈服を許し、カトリックを受け入れることとなった。その後、モラヴィア王国は内部分裂し、弱体化した。10世紀に入ると東欧から侵入したマジャル人に征服され、王国は滅亡する。それ以降、マジャル人の建国したハンガリー王国に従属し、さらにハンガリーの王冠がオーストリアのハプスブルク家に渡るとその支配下に置かれた。この従属は20世紀まで続く。この過程でモラヴィアのスラヴ人は、ボヘミア人(チェック人)とほぼ同化され、チェコと同一化された。オーストリアとハンガリーに支配されたモラヴィアは、千年の桎梏と呼ばれるくびきを経て、1918年にチェコスロヴァキアとして、独立を果たした。共産化、冷戦を経て、1992年にチェコとスロヴァキアが分離すると、モラヴィアはチェコの一部として留まることとなった。

文化
ハンガリー文化の影響を受けており、特にヴァラシュスコ(Vala?sko, Wallachei, Valachiaとも。「モラヴィアのワラキア」と呼ばれる。14世紀から17世紀にかけ現在のルーマニアやカルパチア山脈西部から人々が移住してきた)地方はハンガリー的な音楽で有名である。またモラヴィア独特の方言もこの地方の音楽に影響を与えている。これらの独特の要素はレオシュ・ヤナーチェクらによって研究されている。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク

>

★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

【モロッコ】フェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門



スポンサーリンク

>
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
チェコ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。