So-net無料ブログ作成
ヨルダン ブログトップ

【ヨルダン】ペトラ  [ヨルダン]




ペトラは、ヨルダンにある遺跡。死海とアカバ湾の間にある渓谷にある。死海から約80km南に位置する。またペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。1985年12月6日、ユネスコの世界遺産(文化遺産)へ登録。2007年7月、新・世界七不思議に選出。
【ヨルダン】ペトラ .jpg

概 要:

ペトラのある地は、自然の要害であった。また西にガザ、北にダマスカス、紅海にも近く、中東での人や物の行き交う要衝の地でもあった。ナバテア人(Nabataeans)の首都、砂漠を移動していたキャラバン隊の中継基地であったと伝えられてきた。

立地条件の良さのため、紀元前1世紀ごろから、古代ナバテア人の有力都市として栄えた。ペトラの特徴として、スパイス交易の拠点機能と治水システムがあげられる。

完全な岩礁地帯であるので、農業には不向きであった。また雨が降ると、鉄砲水となって渓谷内を通過していった。ナバテア人は、ダムを作って鉄砲水を防ぎ、さらに水道管を通して給水設備を作り上げたことが分かっている。


スポンサーリンク



歴 史:

紀元前1200年頃から、エドム人たちがペトラ付近に居住していたと考えられている。エドム人たちの詳細は不明である。 (旧約聖書の創世記第36章からの文書データによると、アブラハムの孫・エサウ系の子孫と、その地のセイル(セラ) 山地に先住していたホリビとセイルの子孫らとの一部混淆による人たちであろうと推定されうる。)

紀元前1世紀ごろから、エドム人達を南へ追いやったナバテア人達が居住しはじめる。ナバテア人はアラビア付近の貿易を独占。それにともないペトラも古代ナバテア人の有力都市として栄えた。

紀元前64年から紀元前63年ごろ、ナバテア人はローマの将軍、ポンペイウスにより、その支配下におかれる。ローマは、ナバテアの自治は認めたものの、税を課した。また砂漠から進入してくる異民族の緩衝地帯とした。また、ローマ風の建築物の造営がこのころ始まった。

紀元後105年に、ローマ皇帝トラヤヌスが反乱を起こしたペトラを降伏させ、106年には、ペトラとナバテア人はローマのアラビア属州として完全に組込まれる。

1812年、スイス人の探検家、ルートヴィヒ・ブルクハルトが、12世紀の十字軍以降、最初にヨーロッパへ紹介した。


発掘調査:

ルートヴィヒ・ブルクハルトによる紹介以降、20世紀の頭から発掘調査が行われ始めた。2004年現在でも続いている。2000年の調査段階でも、未だ遺跡の1%程度しか完了していないと推定されている。

(Quoted from Wikipedia)

★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

【モロッコ】フェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
ヨルダン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。