So-net無料ブログ作成
イギリス ブログトップ

【イギリス】ロンドン市内  [イギリス]




ロンドン(英語: London)は、イングランドおよびイギリスの首都であり、イギリスや欧州連合域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。

【イギリス】ロンドン市内5.jpg


ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内の面積は約1平方マイルあり、中世以来その範囲はほぼ変わっていない。少なくとも19世紀以降、「ロンドン」の名称はシティの市街壁を越えて開発が進んだシティ周辺地域をも含めて用いられている。ロンドンは市街地の大部分はコナベーションにより形成されている。ロンドンを管轄するリージョンであるグレーター・ロンドンでは、選挙で選出された大ロンドン市長とロンドン議会により統治が行われている。

ロンドンは屈指の世界都市として、芸術、商業、教育、娯楽、ファッション、金融、ヘルスケア、メディア、専門サービス、調査開発、観光、交通といった広範囲にわたる分野において強い影響力がある。また、ニューヨークと並び世界をリードする金融センターでもあり、2009年時点の域内総生産は世界第5位で、欧州域内では最大である。世界的な文化の中心でもある。

ロンドンは世界で最も来訪者の多い都市であり、単一の都市圏としては世界で最も航空旅客数が多い。欧州では最も高等教育機関が集積する都市であり、ロンドンには大学が43校ある。2012年のロンドンオリンピック開催に伴い、1908年、1948年に次ぐ3度目のオリンピック開催となり、同一都市としては史上最多となる。

ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は8,174,100人であり、欧州連合の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州連合域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し 、ロンドンの都市圏の人口は1,200万人から1,400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。

首都とされているが、他国の多くの首都と同様、ロンドンの首都としての地位を明示した文書は存在しない。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク



★ヨーロッパ1- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓


【イギリス】コッツウォルズ

【イギリス】カンタベリー大聖堂

【イギリス】湖水地方

【イギリス】ロンドン市内

【フランス】プロヴァンス

【フランス】エッフェル塔

【フランス】コルマール

【フランス】ミヨー橋

【フランス】モン・サン=ミシェル

【フランス】シャンボール城

【ノルウェー】オーレスン

【ノルウェー】プレーケストーレン

【ノルウェー】ハイウェイ

【スウェーデン】ヴィスビー

【スウェーデン】洋上風力発電

【フィンランド】サンタクロース村


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【イギリス】湖水地方   [イギリス]




湖水地方(こすいちほう、英:Lake District)は、イングランド(England)北西部ウェストモーランド・カンバーランド郡・ランカシャー地方にまたがる地域の名称である。

概要
氷河時代の痕跡が色濃く残り、渓谷沿いに大小無数の湖(英:lake)が点在する風光明美な地域でイングランド有数のリゾート地・保養地としても知られる。一般にはThe lakes、やlakelandなどとも呼ばれている。
湖水地方のほとんどの地域に相当する約2300k㎡については、1951年にレイクディストリクト・ナショナルパーク(Lake District National Park)と呼ばれるナショナルパーク(National Park、日本の国立公園に相当)に指定された。イングランドとウェールズにある13のナショナルパークにおいては最も広い面積を持ち、イギリス全体で見てもスコットランドにあるケアンゴーム・ナショナルパーク( Cairngorms National Park)に次いで2番目の広さを誇る。

【イギリス】湖水地方June_2009.jpg


スポンサーリンク



地理
湖水地方は今から約15000年前の最終氷期の終了とともに形成されたと考えられている。氷河が衰退するとそのあとには氷河が土砂を削り取ったU字谷や圏谷が残る。これらはその多くが水を貯めこみ湖となった。湖水地方近辺は緯度が高く、平均気温が低いために遷移が進みづらく湖とならなかった部分は岩場やムーアが形成されてシダなどが繁茂した。森林限界以下にはオークが茂り、19世紀にはマツのプランテーションが開かれた。標高800mから900mあまりの山がいくつもあり、イングランド最高峰のスコーフル・パイク(標高978m)を擁し、イングランドでもっとも深い湖もある。
また、地形は以下のようにいくつかの区分に分けられている。

(Quoted from Wikipedia)

★ヨーロッパ1- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【イギリス】コッツウォルズ

【イギリス】カンタベリー大聖堂

【イギリス】湖水地方

【イギリス】ロンドン市内

【フランス】プロヴァンス

【フランス】エッフェル塔

【フランス】コルマール

【フランス】ミヨー橋

【フランス】モン・サン=ミシェル

【フランス】シャンボール城

【ノルウェー】オーレスン

【ノルウェー】プレーケストーレン

【ノルウェー】ハイウェイ

【スウェーデン】ヴィスビー

【スウェーデン】洋上風力発電

【フィンランド】サンタクロース村


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【イギリス】コッツウォルズ  [イギリス]




コッツウォルズ (Cotswolds) は、イングランド中央部に広がる標高300m以上に達する丘陵地帯であり、時としてイングランドの中心と呼ばれる。 コッツウォルズは、特別自然美観地域 (Area of Outstanding Natural Beauty) として指定されている。 この丘陵地帯の中で最も高いのは330mのクリーブヒルである。

【イギリス】コッツウォルズ .jpg

コッツウォルズはグロスターシャーに属する面積が最も広く、そのほかサマセット州、オックスフォードシャー、ウィルトシャー、ウォリックシャー、ウスターシャーの各州にまたがっている。コッツウォルズとは「羊の丘」という意味である。


スポンサーリンク



歴 史
コッツウォルズは古い歴史を持ち、羊毛の交易で栄えていた。 現在でも、古いイングランドの面影を残した建物を見ることができる。 20世紀にはいり、その景観を活かした観光業が盛んになっており、毎年多くの観光客が訪れている。黄色みを帯び「蜂蜜色の石」「ライムストーン」とも称される石灰岩「コッツウォルズストーン」を使った建物群が特徴的な景観をなしている。

主な集落・都市
・ウィンチカム
・サイレンセスター
・マームズベリー
・ボートン・オン・ザ・ヒル
・モートン・イン・マーシュ
・ストウ・オン・ザ・ウォルド
・ボートン・オン・ザ・ウォーター
・ブロードウェイ 
・バーフォード 
・ペインスウィック

地 理
大都市からは長距離のコーチが出ている。
町の間を移動するにはバスに乗る必要がある。

コッツウォルズゆかりの人物
・ビアトリクス・ポター
・ジェーン・オースティン
・ウィンストン・チャーチル
・グスターヴ・ホルスト
  1900年、ウィリアム・モリス追悼のためにコッツウォルズを題材とした交響曲を作曲。
・ウィリアム・モリス
・チャールズ皇太子

(Quoted from Wikipedia)

★ヨーロッパ1- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓


【イギリス】コッツウォルズ

【イギリス】カンタベリー大聖堂

【イギリス】湖水地方

【イギリス】ロンドン市内

【フランス】プロヴァンス

【フランス】エッフェル塔

【フランス】コルマール

【フランス】ミヨー橋

【フランス】モン・サン=ミシェル

【フランス】シャンボール城

【ノルウェー】オーレスン

【ノルウェー】プレーケストーレン

【ノルウェー】ハイウェイ

【スウェーデン】ヴィスビー

【スウェーデン】洋上風力発電

【フィンランド】サンタクロース村


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【イギリス】カンタベリー大聖堂  [イギリス]




カンタベリー大聖堂(カンタベリーだいせいどう)は、イギリスのイングランド南東部ケント州のカンタベリーにある教会で、イギリス国教会の総本山。7世紀にカンタベリーのアウグスティヌスがイギリスに布教し、修道院として建設された。

【イギリス】カンタベリー大聖堂.jpg

12世紀にヘンリー2世と対立した大司教トマス・ベケットが殉教[1]したことから、聖地として多くの巡礼者が訪れる場所でもある。礼拝堂の床に1本のろうそくが立てられていて、その下にベケットは埋葬されている。ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』もカンタベリー巡礼者の物語である。

現在の建物は1070年-1180年にロマネスク様式、1379年-1503年にかけてゴシック様式で建設された歴史的建造物である。

世界遺産
カンタベリー大聖堂は、カンタベリーに残る他の二つの重要なキリスト教建築物、すなわち聖オーガスティン修道院と聖マーティン教会とともに、ユネスコの世界遺産に登録されている。カンタベリー大聖堂の登録面積は 9.15 ha である。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク



★ヨーロッパ1- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓


【イギリス】コッツウォルズ

【イギリス】カンタベリー大聖堂

【イギリス】湖水地方

【イギリス】ロンドン市内

【フランス】プロヴァンス

【フランス】エッフェル塔

【フランス】コルマール

【フランス】ミヨー橋

【フランス】モン・サン=ミシェル

【フランス】シャンボール城

【ノルウェー】オーレスン

【ノルウェー】プレーケストーレン

【ノルウェー】ハイウェイ

【スウェーデン】ヴィスビー

【スウェーデン】洋上風力発電

【フィンランド】サンタクロース村


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【イギリス】ポートアイザック、北コーンウォール  [イギリス]




コーンウォール (Cornwall, ; コーンウォール語: Kernow ) は、イングランド南西端の地域。連合王国の最も南および西に位置し、コーンウォール州 (the county of Cornwall, Cornwall county) とも呼ばれる。形容詞は英語でCornishである。独自の文化や言語、帰属意識を持った地域であり、イングランドの他の地域とは趣を異にしている。コーンウォール語で「Kernow」 あるいは「Curnow」と綴られる。6つのケルト地域のうちの1つである。 コーンウォール半島の先端部に位置する。州西部のペンウィズ半島突端にあるランズエンド岬(Land's End)はグレート・ブリテン島の最西端に位置し、「地の果て」の象徴として知られる。

【イギリス】ポートアイザック、北コーンウォール7.jpg

言語
コーンウォール語は、ケルト系の言語であるが、ウェールズ語やブルトン語(ブルターニュ語/ブリタニー語)により近く、一方でアイルランド語やスコットランド・ゲール語とは関係性が低い。今日まで公式には調査されていないものの、現在でも約2,000人の話者がおり、その内の100人から150人程が流暢な話者であるとされる。近年、連合王国政府より少数派言語として公式に認知された。

その他
ウェールズやスコットランドがケルト地域であることはよく知られているが、コーンウォールもまたイングランド内に残るケルト地域であり、コーンウォール独立運動が起きるほど、イングランド内で異質さが目立つ。

連合王国の国王の長男が世襲の爵位であるコーンウォール公として領有する。



スポンサーリンク




★ヨーロッパ1- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓


【イギリス】コッツウォルズ

【イギリス】カンタベリー大聖堂

【イギリス】湖水地方

【イギリス】ロンドン市内

【フランス】プロヴァンス

【フランス】エッフェル塔

【フランス】コルマール

【フランス】ミヨー橋

【フランス】モン・サン=ミシェル

【フランス】シャンボール城

【ノルウェー】オーレスン

【ノルウェー】プレーケストーレン

【ノルウェー】ハイウェイ

【スウェーデン】ヴィスビー

【スウェーデン】洋上風力発電

【フィンランド】サンタクロース村


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
イギリス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。