So-net無料ブログ作成
検索選択
スウェーデン ブログトップ

【スウェーデン】ヴィスビー  [スウェーデン]




ヴィスビー(Visby)はゴトランド島に位置するスウェーデン王国南西部の都市である。10世紀に建設され、そのころの遺跡で国際的に有名。ゴットランド県とゴットランド郡の中心都市である。

【スウェーデン】ヴィスビー .jpg

現在のスウェーデンにおいて、ヴィスビーは旧市街を囲む殆ど完全な姿の3.4kmの石の壁で知られている。この壁は"Ringmuren"(輪壁)と呼ばれる。


歴史
ヴィスビーの輪壁12世紀から14世紀の間、ヴィスビーはハンザ同盟の重要な中心地の一つだった。 バルト海沿岸のキリスト教化(北方十字軍)のさなかの1200年頃、この都市を母都市としてリガが建設された。

ゴットランドは、ブレムセブルーの和議の後三百年間デンマークの占領から、1645年にスウェーデン領となった。ヴィスビーは要塞であり、近年までは軍事基地の中心地でもあった。冷戦期は、一般人の立ち入りが制限された一種の閉鎖都市だった。

世界遺産
ハンザ同盟都市の歴史的な町並みはユネスコの世界遺産へ登録された。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク


★ヨーロッパ1- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓


【イギリス】コッツウォルズ

【イギリス】カンタベリー大聖堂

【イギリス】湖水地方

【イギリス】ロンドン市内

【フランス】プロヴァンス

【フランス】エッフェル塔

【フランス】コルマール

【フランス】ミヨー橋

【フランス】モン・サン=ミシェル

【フランス】シャンボール城

【ノルウェー】オーレスン

【ノルウェー】プレーケストーレン

【ノルウェー】ハイウェイ

【スウェーデン】ヴィスビー

【スウェーデン】洋上風力発電

【フィンランド】サンタクロース村


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【スウェーデン】ヴィスビー  [スウェーデン]




ヴィスビー(Visby)はゴトランド島に位置するスウェーデン王国南西部の都市である。10世紀に建設され、そのころの遺跡で国際的に有名。ゴットランド県とゴットランド郡の中心都市である。

現在のスウェーデンにおいて、ヴィスビーは旧市街を囲む殆ど完全な姿の3.4kmの石の壁で知られている。この壁は"Ringmuren"(輪壁)と呼ばれる。

【スウェーデン】ヴィスビュー。CrCMAAfTh6.jpg

歴史
ヴィスビーの輪壁12世紀から14世紀の間、ヴィスビーはハンザ同盟の重要な中心地の一つだった。 バルト海沿岸のキリスト教化(北方十字軍)のさなかの1200年頃、この都市を母都市としてリガが建設された。

ゴットランドは、ブレムセブルーの和議の後三百年間デンマークの占領から、1645年にスウェーデン領となった。ヴィスビーは要塞であり、近年までは軍事基地の中心地でもあった。冷戦期は、一般人の立ち入りが制限された一種の閉鎖都市だった。

ハンザ同盟都市の歴史的な町並みはユネスコの世界遺産へ登録された。
(Quoted from Wikipedia)



スポンサーリンク



★ヨーロッパ1- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【イギリス】コッツウォルズ

【イギリス】カンタベリー大聖堂

【イギリス】湖水地方

【イギリス】ロンドン市内

【フランス】プロヴァンス

【フランス】エッフェル塔

【フランス】コルマール

【フランス】ミヨー橋

【フランス】モン・サン=ミシェル

【フランス】シャンボール城

【ノルウェー】オーレスン

【ノルウェー】プレーケストーレン

【ノルウェー】ハイウェイ

【スウェーデン】ヴィスビー

【スウェーデン】洋上風力発電

【フィンランド】サンタクロース村


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【スウェーデン】洋上風力発電  [スウェーデン]





スウェーデン王国(スウェーデンおうこく、スウェーデン語: Konungariket Sverige)、通称スウェーデンは、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。スウェーデン語ではSverige(スヴェーリエ)といい、スヴェーア族の国を意味する。西にノルウェー、北東にフィンランド、南西にカテガット海峡を挟んでデンマーク、東から南にはバルト海が存在する。首都はストックホルム。

【スウェーデン】洋上風力発電 .jpg

現王家はベルナドッテ家。スウェーデン・アカデミーによるノーベル賞は世界的権威がある。歴代国王は王位につく際に、自分の統治をモットーとして表明する習慣になっている。現国王カール16世グスタフのモットーは「För Sverige i tiden(スウェーデンのために、時代と共に)」である(右の表中では国の標語としている)。



スポンサーリンク




★ヨーロッパ1- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓


イギリスコッツウォルズ

【イギリス】カンタベリー大聖堂

【イギリス】湖水地方

【イギリス】ロンドン市内

フランスプロヴァンス

【フランス】エッフェル塔

【フランス】コルマール

【フランス】ミヨー橋

【フランス】モン・サン=ミシェル

【フランス】シャンボール城

【ノルウェー】オーレスン

【ノルウェー】プレーケストーレン

【ノルウェー】ハイウェイ

【スウェーデン】ヴィスビー

【スウェーデン】洋上風力発電

【フィンランド】サンタクロース村



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
スウェーデン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。