So-net無料ブログ作成
検索選択
スペイン ブログトップ

【スペイン】ラス・メドゥラス [スペイン]




ラス・メドゥラス(スペイン語:Las Medulas、英語:Las Medulas)は、スペインのレオン県にあるポンフェラーダの近郊に広がり、帝政ローマ時代に最盛期を迎えた金鉱山を主体とする人工悪地の、スペイン語地名である。現在は跡地となっている当地の金鉱山は、そこから産出される金鉱の枯渇がローマ帝国滅亡の遠因になったとされている。採れる金は砂金である。
ラス・メドゥラスは古代の鉱業によって生まれた産業遺産であり、優れた文化的景観を形成していることから、1997年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

【スペイン】ラス・メドゥラスs.jpg

概要
地域は、東西4km、南北5kmに広がる。地層はおよそ1500万年前頃、河川の土砂の堆積によって形成された(cf. 沖積層)。

当地の金鉱脈はローマ人の到来以前から発見されており、周辺住民は山から河川系へ流れ出る砂金を採取しては装身具などに加工していた。一例として、紀元前4世紀頃に作られた美麗な首飾りや耳飾りが発見されている。

当地を含むイベリア半島北部に古代ローマの勢力が侵入したのは、共和政ローマの執政官オクタウィアヌス(2年後のローマ初代皇帝アウグストゥス)統治下にあたる紀元前25年のことであった。一帯を征服したオクタウィアヌスは、新たに獲得した地域を旧来のローマ領であるヒスパニア・キテリオル (en) などと併せて再構成し、北部から南東部にかけてをヒスパニア・タッラコネンシスと名づけた。その後間もなくして、ローマ人による金の大規模な採掘がメドゥリオ山(スペイン語: Monte Medulio、モンテ・メドゥーリオ)で始まる。

ラス・メドゥラスの目を見張るような景観は、ローマ水道の建造技術を応用した特殊な発掘技術である「ルイナ・モンティウム(ラテン語:ruina montium、cf. es。「山崩し」の意)」の結果として生まれたものである。 この技術は、水の力を使って山を崩すことで土砂と一緒に目当ての鉱物資源を外へ押し流す方法であり、具体的には、水道によって導いた川の水を山の中の任意の箇所に集中させ、水の力で計画的に削り取ってゆき、それによって流出した土砂から鉱物資源を採取するというものであった。西暦77年に大プリニウスが書き留めていることでも知られ、彼の語るところに基づけば、当地の場合、約35km離れたものを始めとする少なくとも7箇所の水源からローマ水道によって水を引き、メドゥリオ山頂に設けた貯水池に集めて満杯になるまで溜めた後、あらかじめ掘っておいた総延長100kmにも及んだといわれる数多くの地下水路に一気に流し込んで人工的・計画的に斜面崩壊を発生させる、という方法が執られていたという。この方法が200年以上もの間、何度も繰り返されることで、もともと平坦であった台地が複雑な地形に変化していった。すなわち、現在見ることのできる不規則形の連なりから成るラス・メドゥラスの地形は、このようなローマ帝国による大規模採掘時代の後にわずかに残された、かつての台地の一部である。 人工的斜面崩壊によって生まれた大量の土砂は川を作って麓の地域に流入し、人々はそれをふるいに掛けて砂金を採り出したという。また、地表の水道は削り取った土砂から砂金を洗い出す役割にも活用されており、カリフォルニア式水力採鉱 (California gold rush hydraulic mining) の先駆けと言うことができる。

当時、シエラ・デ・ラ・カブレラ(en、ラ・カブレラ山地)からラス・メドゥラスに必要量の水をもたらすために、少なくとも7本の平行な水路が建造された。そのうち、切り立った地形の部分は良好に現存しているものもあり、いくつかの岩刻碑文も残っている。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク



★ヨーロッパ2- 絶景&記事★

【イタリア】ピサの斜塔
http://p.tl/sBGX

【イタリア】ナポリ
http://p.tl/6D7z

【イタリア】リオマッジョーレ
http://p.tl/RlBa

【イタリア】カプリ島、青の洞窟
http://p.tl/zCRZ

【イタリア】ドロミーティ
http://p.tl/fis0

【イタリア】フィレンツェ歴史地区。
http://p.tl/34UW

【ドイツ】ノイシュヴァンシュタイン城
http://p.tl/AX1J

【ドイツ】ケルン大聖堂
http://p.tl/gLxW

【スペイン】サグラダファミリア
http://p.tl/0vRU

【スペイン】プエルタ・デ・エウローパ
http://p.tl/SNG4

【ポルトガル】ポルト
http://p.tl/6RPq

バチカン市国】通称バチカン
http://p.tl/BexM

【マルタ共和国】ヴァレッタ
http://p.tl/Ldlz

マッターホルン。
http://p.tl/oWKy

スイス】ラヴォー地区の葡萄畑
http://p.tl/X-GN

【スイス】ベルン
http://p.tl/v6Qt

【スイス】氷河特急
http://p.tl/TNiX

ギリシャ】 メテオラ
http://p.tl/sWUS


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【スペイン】プエルタ・デ・エウローパ [スペイン]




プエルタ・デ・エウローパ(Puerta de Europa)はスペインの首都マドリードにあるツインタワー。「ヨーロッパの門」の意味である。マドリードを南北に貫く大通り・カステジャーナ通り(Paseo de la Castellana)の北端近くにあり、通りに覆いかぶさるように2つのタワーが向かい合って建っている。

【スペイン】プエルタ・デ・エウローパ9.jpg

概要
高さ115m、26階建てのツインタワー。着工は1990年、完成は1996年。設計はフィリップ・ジョンソンとジョン・バーギー。2つのタワーとも15°傾いている。クウェート投資庁の所有するビルであったため、Torres KIOとも呼ばれた(現在はクウェート投資庁はこのビルを売却した)。現在はバンキア(2012年に経営危機に陥った銀行)とRealiaが保有している。

チャマルティン駅の近くに位置する。チャマルティン駅の西のカステジャーナ通り沿いには、マドリードで最も高いトーレ・カハ・マドリッド(250m)など200mを越える超高層ビルが4棟建設され、マドリードの新たなランドマークとなったが(クアトロ・トーレス・ビジネス・エリア)、独特のデザインが異彩を放つプエルタ・デ・エウローパは今もマドリードを代表するランドマークになっている。

(Quoted from Wikipedia)



スポンサーリンク




★ヨーロッパ2- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【イタリア】ランペドゥーザ島

【イタリア】ピサの斜塔

【イタリア】ナポリ

【イタリア】リオマッジョーレ

【イタリア】カプリ島、青の洞窟

【イタリア】ドロミーティ

【イタリア】フィレンツェ歴史地区

【ドイツ】ノイシュヴァンシュタイン城

【ドイツ】ケルン大聖堂

【スペイン】サグラダファミリア

【スペイン】プエルタ・デ・エウローパ

【ポルトガル】ポルト

【バチカン市国】バチカン

【マルタ共和国】ヴァレッタ

【スイス/イタリア】マッターホルン

【スイス】ラヴォー地区の葡萄畑

【スイス】ベルン

【スイス】氷河特急

【ギリシャ】メテオラ

【ギリシャ】ザキントス島


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【スペイン】サグラダ・ファミリア  [スペイン]




サグラダ・ファミリアは聖家族贖罪教会(カタルーニャ語:Temple Expiatori de la Sagrada Familia)という正式名称を持つバルセロナにあるカトリックのバシリカである。日本語では聖家族教会と呼ばれることも多い。

【スペイン】サグラダファミリア。F.jpg

概要
サグラダ・ファミリアは、カタロニア・モダニズムの最も良く知られた作品例であり、カタロニアの建築家アントニ・ガウディの未完作品である。バルセロナ市のシンボルであるこの建物は、同市の拡張市街地域に建てられている。綿密に構成された象徴詩的なシンボロジーと共に、パラボリックな(放物線状の)構造のアーチや、鐘楼に据えられた自然主義と抽象主義の混在する彫刻などで、大胆な建築様式を誇っている。2004年の統計によれば、サグラダ・ファミリアはアルハンブラ宮殿やマドリッドのプラド美術館を抜いてスペインで最も観光客を集めたモニュメントとなり 、2008年には270万人を集めた生前のガウディが実現できたのは地下聖堂と生誕のファサードなどであるが、これらは2005年にユネスコの世界遺産に登録された。 贖罪教会なので、作業の財政は喜捨に頼っている。そのために、別々の箇所を同時に建設することはできなかったのだが、1990年代以降は訪問者の流れと作品の世評の高まりが財政状況を好転させた。

2010年11月7日に教皇ベネディクト16世が訪れ、ミサを執り行い、聖堂に聖水を注いで聖別。サグラダ・ファミリアはバシリカとなった。ミサには司教達を含む6500人が参列し、800人の聖歌隊が参加した。

建築過程
民間カトリック団体「サン・ホセ協会」が、すべて個人の寄付に依って建設される贖罪教会として計画し、初代建築家フランシスコ・ビリャールが無償で設計を引き受けた。1882年3月19日に着工したが意見の対立から翌年にビリャールは辞任。その後を引き継いで2代目建築家に任命されたのが、当時は未だ無名だったアントニ・ガウディである。以降、ガウディは設計を一から練り直し、1926年に亡くなるまでライフワークとしてサグラダ・ファミリアの設計・建築に取り組んだ。

ガウディは仔細な設計図を残しておらず、大型模型や、紐と錘を用いた実験道具を使って、構造を検討したとされる。スペイン内戦でそれらの模型は破片となり、ガウディの構想に基づき弟子たちが作成した資料などは大部分が消失した。ガウディの死後、もはや忠実にガウディの構想通りとはならないこの建築物の建造を続けるべきかという議論があったが、職人による伝承や大まかな外観のデッサンなど残されたわずかな資料を元に、時代毎の建築家がガウディの設計構想を推測するといった形で現在も建設が行われている。北ファサード、イエスの誕生を表す東ファサード、イエスの受難を表す西ファサードや内陣、身廊などはほぼ完成したがイエスの栄光を表すメインファサード、18本建てられる内の10本の塔が未完成である。これらの塔の12本が12使徒、4本が福音記者、1本が聖母マリア、1本がイエス・キリストを象徴するものとされている。

東側の生誕のファサードでは、キリストの誕生から初めての説教を行うまでの逸話が彫刻によって表現されている。3つの門によって構成され、左門が父ヨセフ、中央門がイエス、右門が母マリアを象徴する。中央の門を構成する柱の土台には変わらないものの象徴として亀が彫刻され、中央の柱の土台にはリンゴをくわえた蛇が彫刻されている。また、門の両脇には変化するものの象徴としてカメレオンが配置されている。中央門では、受胎告知、キリストの降誕、祝福をする天使、東方の三博士や羊飼い達などが彫られている。左門ではローマ兵による嬰児虐殺、聖家族のエジプトへの逃避、父ヨセフの大工道具などが彫られ、右門には母マリア、イエスの洗礼、父ヨセフの大工仕事を手伝うイエスなどが彫られている。

西側の受難のファサードには、イエスの最後の晩餐からキリストの磔刑、キリストの昇天までの有名な場面が彫刻されている。東側とは全く異なり、現代彫刻でイエスの受難が表現されており、左下の最後の晩餐から右上のイエスの埋葬まで「S」の字を逆になぞるように彫刻が配置されている。最後の晩餐→ペテロとローマ兵たち→ユダの接吻と裏切り→鞭打ちの刑→ペテロの否認→イエスの捕縛→ポンティウス・ピラトゥスと裁判→十字架を担ぐシモン→ゴルゴタの丘への道を行くイエスとイエスの顔を拭った聖布を持つヴェロニカ→イエスの脇腹を突くことになる槍を持つ騎兵ロンギヌス→賭博をするローマ兵→イエスの磔刑→イエスの埋葬と復活の象徴、そして鐘楼を渡す橋の中央に昇天するイエスが配置されている。

かつては完成まで300年はかかると予想されていた工事だが、スペインの経済成長や入場料収入などに支えられて進捗は加速しており、公式発表ではガウディ没後100周年目の2026年に完成するとされている。建設開始から長い年月が経っているため、建築と並行して修復も行われている。 2005年には建設途中ながら、生誕のファサードの部分がアントニ・ガウディの作品群としてユネスコの世界遺産に登録された。

2006年、直下に高速鉄道AVEのトンネルを掘削する計画が持ち上がり、建設側は地元自治体などにトンネル掘削中止を働きかけたが拒否された。一連のやり取りの中で、サグラダファミリア建設が行政に届け出を出していない工事であることが明らかになり話題を呼んだ。つまり、サグラダファミリアは違法建築だったのだが、結局は調整が行われてバルセロナ市の行政当局がサグラダファミリアの建築を超法規的に認めた上で、徹底した地盤強化対策を行って掘削工事が行われた。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク



★ヨーロッパ2- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【イタリア】ランペドゥーザ島

【イタリア】ピサの斜塔

【イタリア】ナポリ

【イタリア】リオマッジョーレ

【イタリア】カプリ島、青の洞窟

【イタリア】ドロミーティ

【イタリア】フィレンツェ歴史地区

【ドイツ】ノイシュヴァンシュタイン城

【ドイツ】ケルン大聖堂

【スペイン】サグラダファミリア

【スペイン】プエルタ・デ・エウローパ

【ポルトガル】ポルト

【バチカン市国】バチカン

【マルタ共和国】ヴァレッタ

【スイス/イタリア】マッターホルン

【スイス】ラヴォー地区の葡萄畑

【スイス】ベルン

【スイス】氷河特急

【ギリシャ】メテオラ

【ギリシャ】ザキントス島


スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【スペイン】セゴビア旧市街、アルカサル   [スペイン]




セゴビア(Segovia)は、スペインの都市。カスティーリャ・イ・レオン州セゴビア県の県都である。マドリードからは87km、バリャドリッドからは111kmの位置にある。

歴史
セゴビアには古代から人が住んでおり、現在のアルカサルの位置にはケルト人の城があった。ローマ時代には、クルニア(es)の行政区に属していた。ローマ時代には「セゴウィア」、イスラム支配期には「シクビヤー」と呼ばれたが、この名前はおそらくケルト語で「とりで」を意味する。

【スペイン】セゴビア旧市街、アルカサル4.jpg


11世紀、カスティーリャ王アルフォンソ6世がトレドを征服したのち、アルフォンソ6世の娘婿ライムンド(レーモン)はセゴビアに司教座を創建し、キリスト教徒を植民させた。12世紀には内乱が起きたが、移牧のルート上にあったため羊毛や毛織物の取引が発展した。中世の終わりにセゴビアは最盛期を迎えた。ゴシック様式の建築物が建てられ、アルフォンソ10世はアルカサルを王室の宮殿に変えた。1474年12月13日にイサベル1世はセゴビアでカスティーリャ王位に就いた。

1520年のコムネーロスの反乱では、セゴビアは毛織物産業が盛んな諸都市とともに反乱に加わった。反乱の敗北にもかかわらず経済的な発展は続き、1594年には2万7千の人口を数えた。その後はカスティーリャの諸都市と同様に衰退し、1694年に人口は8千人に減少した。18世紀には毛織物産業の再興が図られ、カルロス3世の時代に王立羊毛工場が建てられたが失敗に終わった。19世紀から20世紀前半には経済が活性化し、人口が回復した。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク




★ヨーロッパ2- 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【イタリア】ランペドゥーザ島

【イタリア】ピサの斜塔

【イタリア】ナポリ

【イタリア】リオマッジョーレ

【イタリア】カプリ島、青の洞窟

【イタリア】ドロミーティ

【イタリア】フィレンツェ歴史地区

ドイツノイシュヴァンシュタイン城

【ドイツ】ケルン大聖堂

【スペイン】サグラダファミリア

【スペイン】プエルタ・デ・エウローパ

【ポルトガル】ポルト

バチカン市国】バチカン

【マルタ共和国】ヴァレッタ

スイス/イタリア】マッターホルン

【スイス】ラヴォー地区の葡萄畑

【スイス】ベルン

【スイス】氷河特急

ギリシャメテオラ

【ギリシャ】ザキントス島


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
スペイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。