So-net無料ブログ作成
検索選択
南アフリカ ブログトップ

【南アフリカ】喜望峰  [南アフリカ]




喜望峰(きぼうほう、アフリカーンス語: Kaap die Goeie Hoop、英語: Cape of Good Hope、ポルトガル語: Cabo da Boa Esperanca、オランダ語: Kaap de Goede Hoop)は、南アフリカ共和国西ケープ州ケープタウンにある岬。

【南アフリカ共和国】喜望峰E7sl2.jpg

名称
英語名は「Cape of Good Hope」で直訳すると「希望岬」となり、中国語では「好望角」と表記する。諸説あるが、「喜望峰」が一般呼称として定着したのは誤植によるものと考えられている。


位置
喜望峰はケープタウンから50km南へ延びたケープ半島の突端にある。半島の東はフォールス湾である。また、喜望峰がアフリカ大陸の最南端といわれることがあるが、実際には東南東へ約150km離れているアガラス岬が最南端である。

歴史
・紀元前600年頃 - ヘロドトスが『歴史』の中で伝える処に依ると、エジプト第26王朝のファラオ・ネコ2世の命でフェニキア人がアフリカ周航[1]を行なった。フェニキア人らは3年がかりでこれを成し遂げ、南アフリカで天頂の北側に真昼の太陽を見たと報告している。ヘロドトスの時代の(北半球の)世界観では、太陽がこのように運行することは考えられず、この話は信じられないと記している。しかし、現在ではこの話が逆に海洋航路の探検に信憑性を持たせている。
・1488年 - ポルトガル人バルトロメウ・ディアスが到達したものの、周辺があまりにも荒れる海域であったため、Cabo Tormentoso(「嵐の岬」)と命名[2]。しかし、この航路の発見は香辛料貿易のルート短縮につながったため、後にポルトガル王ジョアン2世が「希望の岬」(Cabo da Boa Esperanca)と改めさせている[2]。
・1652年 - オランダ東インド会社のヤン・ファン・リーベックが植民、後のケープタウンとなる。当時、周辺に居住していた先住民族は「ホッテントット」[3]とオランダ人から呼ばれたが、現在はコイコイ人と呼ぶ。
・1806年 - ナポレオン戦争中にイギリスが接収し、1814年の英蘭協定でイギリス領となる。

(Quoted from Wikipedia)


スポンサーリンク



★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

【モロッコ】フェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【南アフリカ】テーブルマウンテン  [南アフリカ]




テーブルマウンテン英語: Table Mountain)は、南アフリカ共和国西ケープ州のケープ半島北部にある山。約3kmに亘り山頂がほぼ平坦なことから名づけられた。

概要
ハイキングルート垂直に切り立った崖が特徴の山で、テーブルマウンテン国立公園を形成している。頂上にはロープウェイやハイキングで上れる。

【南アフリカ】テーブルマウンテン.jpg

歴史
1990年にニューケープ半島国立公園に指定され、1998年にテーブルマウンテン国立公園として改めて指定された。

地理・地質
ケープタウンの南部に位置し、西側には大西洋を望む。南部はバック・テーブルと呼ばれる低山が岬まで続く。山体はオルドビス紀の珪質砂岩で硬く、その下の柔らかい頁岩が浸食されたためメサ地形を呈する。それより下には先カンブリア時代の変成岩と貫入花崗岩がある。

交通
ロープウェーロープウェイ[編集]標高300m地点のコル地区から頂上までロープウェイが走行している。最初のロープウェイは1926年に着工、1929年に運行開始した。1997年に改修し定員65名になった。頂上に行くまでの間に360度回転するため十分な眺望が得られる。

バス
コル地区のロープウェイ駅までは車で移動できる。

その他
ハイキングにはいろいろなルートがあり、数時間で上れる。ロッククライミングやケービングも楽しめる。


スポンサーリンク



★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

モロッコフェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【南アフリカ】ナミブ砂漠  [南アフリカ]




ナミブ砂漠英語: Namib Desert)はナミビア大西洋側に位置する砂漠。北はアンゴラとの国境付近から南は南アフリカ共和国北端にまで及ぶ。南北は1,288km、東西は幅48kmから161km。面積は約50,000km2にわたる。約8000万年前に生まれた世界で最も古い砂漠と考えられている。

【南アフリカ】ナミブ砂漠.jpg

大西洋を北上する寒流・ベンゲラ海流の影響で生じた典型的な西岸砂漠である。中央部にはクイセブ川が流れ、この川を境に北部では岩石砂漠、南部では移動性の強い砂丘列が連なり、その間に岩石丘陵が存在する。年間降水量は120mmi以下であり、一部では25mmに満たないが2、3日に1度程度の割合で海上から海霧(移流霧)が流れ込む。朝方には風に乗って100km以上内陸部にまで霧が進入し、砂漠内に自生する植物や生物の貴重な水分供給源となっている。沿岸の海上はかなりの暴風が吹き荒れており、海岸には沖合で濃霧のため難破した船舶や鯨などが打ち上げられスケルトンコースト(骸骨海岸)と呼ばれている。
1904年に南部の数ヶ所でダイヤモンド鉱脈が発見され、1963年には2,300万ポンドの生産量をあげた。
砂漠の中央部にはゴバベップ・トレーニング&リサーチセンター(英語: Gobabeb Training and Research Centre)があり、ナミブ砂漠を中心に各種の研究を行う研究者が世界各地から集まり、調査研究活動を行っている。
このナミブ砂漠に、大きな緑のオアシス・ブランドバーグ(英語: Branden-burg、炎の山)が存在する。4500万年前の琥珀の中に閉じ込められた化石として知られていた昆虫・グラディエーター(英語: Gladiator)が、この地で生存しているのが近年発見された。

世界遺産
2013年の第37回世界遺産委員会でUNESCOの世界遺産リストに加えられた。ナミビアではトゥウェイフルフォンテーンに続く2件目の世界遺産であり、自然遺産としては初である。


スポンサーリンク



★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

【モロッコ】フェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
南アフリカ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。