So-net無料ブログ作成
モロッコ ブログトップ

【モロッコ】フェズ  [モロッコ]




フェズ( Fez, Fes)はフェスもしくはアラビア語ではファースと表現し、またアラビア語の長音を無視することが多いためファスとも呼ぶ。

【モロッコ】フェズの迷路。A-o2c.jpg

アフリカ北西端、モロッコ王国北部の内陸都市。かつてマリーン朝などイスラム王朝が首都とした。13世紀から14世紀に発展、多数のモスク、マドラサ、大学などがある。2004年の人口は、94万6815人。

メディナとよばれる旧市街地は、その町並みの構造から迷宮として知られる。旧来からの輸送手段であるロバがレンタル事業として制度化され、人や荷物運びの為にナンバープレートを付けたのを見かけることができる。つばなしの円筒形のフェルト帽のフェスは、この町の名前に由来する


スポンサーリンク



歴史
西暦789年、ベルベル人ムーレイ・イドリス1世により町が建設された。808年、イドリス1世の息子ムーレイ・イドリス2世によってたてられた初の王朝イドリース朝の首都がおかれた。

818年、イドリス2世はスペイン・アンダルシアからイスラム教徒難民8000家族を呼び寄せた。その後、スペインからの移民とユダヤ人、また近隣のチュニジア人の出会いにより文化が発展し、フェズはモロッコの宗教、文化の中心都市となる。

1912年にフランスとモロッコ王国との間でフェス条約が結ばれている。この条約で、モロッコの大部分がフランスの植民地となった。

歴史建造物・史跡・名所
・カラウィーン・モスク
・カラウィーン大学(神学校)
・ムーレイ・イドリス廟
・サファリーン・マドラサ
・アンダルース・モスク
・タンネリ(皮なめし工房)
・貸し鍋屋のスーク
・ナジャリン・フォンドック(隊商宿)

世界遺産
この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター[1]からの翻訳、引用である)。

(ii) ある期間を通じて、または、ある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、町並み計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
(v) 特に、回復困難な変化の影響下で損傷されやすい状況にある場合における、ある文化(または、複数の文化)を代表する伝統的集落、または、土地利用の顕著な例。

(Quoted from Wikipedia)

★東欧、アフリカ、中近東、中央アジア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【オーストリア】ザルツブルク市街

【チェコ】プラハのストラホフ修道院

【チェコ】カレル橋

【クロアチア】ドゥブロヴニク

【モロッコ】フェズの迷路

【エチオピア】ダナキル砂漠

【ジンバブエ】ビクトリアの滝

【南アフリカ共和国】喜望峰

【セーシェル】ラ・ディーグ島

【イエメン】ソコトラ島

【シリア】ボスラの円形劇場

【ヨルダン】ペトラ遺跡

【エジプト】カイロ

【エジプト】ギザの大ピラミッド

【トルコ】イスタンブルの歴史地区

【トルコ】イスタンブル

【トルクメニスタン】地獄の門

スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
モロッコ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。