So-net無料ブログ作成
ネパール ブログトップ

【ネパール】エベレスト国立公園  [ネパール]





エベレスト、エヴェレスト(英: Everest)、またはチョモランマ(チベット語)は、ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の山。英称“エベレスト”はインド測量局長官を務めたジョージ・エベレスト (George Everest) から取り命名された。
1920年代から長きにわたる挑戦の末、1953年に英国探検隊のメンバーでニュージーランド出身の登山家エドモンド・ヒラリーとチベット出身のシェルパテンジン・ノルゲイによって初登頂がなされた。

【ネパール】ゴーキョ湖、エヴェレスト国立公園 .jpg


概説
エベレストの標高については諸説あり、1954年にインド測量局が周辺12ヶ所で測定しその結果を平均して得られた8,848 mという数値が長年一般に認められてきた。1975年には中国政府が雪面を含む標高を8,849.05 m(8,848.13 m+積雪0.92 m)と測定した。1999年、全米地理学協会はGPSによる測定値が8,850mだったと発表した。2005年10月9日、中国国家測量局が2005年5月時点での標高は8,844.43 m(3.5mの氷雪は標高に含まず)と発表した。ただし、ネパール政府は現在もこれらの測定結果を認定せず、公式には8,848 mとしている。地殻変動、地球温暖化による影響などもあり、標高は年々変動していると考えられる。
エベレストの南麓に位置するネパールのサガルマータ国立公園はユネスコの世界遺産に登録されている。度重なる登山の遺留物、廃棄物で周囲はかなり汚れていることが指摘されており、野口健らによる清掃登山も行われている。

名称
古代この高峰はサンスクリット語でデヴギリDevgiri(神聖な山という意味)またはデヴァドゥルガDevadurga(19世紀の英語の発音はデオドゥンガ deodhunga)と呼ばれていた。現在、ネパールでの名称はサガルマータまたはサガルマタで、「世界の頂上」という意味である。チベット語ではチョモルンマ またはチョモランマで、語源は諸説ある(発音、表記も異種がある)が、現在定着している語は「大地の母神」という意味である。中国語では、チベット語を転写した珠穆朗瑪峰または、意訳である聖母峰と呼ばれている。日本でもエベレストという呼称に次いで多く用いられるチョモランマは、チベット名もしくはその中国語転写に基づく。中国語での漢字表記には、他にMount Everestを訳したものとして、香港で用いられる額非爾士峰や台湾で用いられる埃佛勒斯峰などがあるが、サガルマータの漢字表記は通常用いられない。
1865年、英国インド測量局長官だったアンドリュー・ウォー(Andrew Waugh)によって、前長官ジョージ・エベレストにちなんだ英語名がつけられた。ウォーは地元民の呼び名がわからないとした上で、手記に以下のように記している(当時、ネパールもチベットも外国人の立ち入りを認めていなかった)。


尊敬する前長官のサー・ジョージ・エベレスト大佐 (Colonel Sir George Everest) は、すべての地形に現地での呼称を採用するよう、私に教えてきた。しかしこの山には、おそらく世界最高峰であろうこの山には、現地での呼称を見いだすことができなかった。もし仮にそれがあったとしても、私たちがネパールへの立ち入りを許可される前に、それが見つかることはないだろう。今のところ、この高峰を名付ける特権と責任とは、同等に私に委譲されているものと思う。この山の存在が、市民と地理学者に広く知られ、文明国家に深く浸透するかは、この高峰の名称いかんにかかっているであろう。

-アンドリュー・ウォー(Andrew Waugh)-

ウォーはこの山にジョージ・エベレストに因んだ名称をつけることにした。綴りは初めはMont Everest、後にMount Everestに変更されている。しかし、現在のエベレストの発音と実際のジョージ・エベレストの発音は異なっている。エベレスト本人は地元名を尊重する方針から、この名前をよく思っていなかったといわれている。

1960年代、ネパール政府はエベレストには元々現地での呼び名が存在していたことを発見した。これまでこの存在が知られていなかったのは、エベレストがカトマンズ盆地とその周辺地域の民族に知られておらず名づけられていなかったからで、政府はエベレストの名称を探し出すことに着手した。しかし、シェルパ族の間での名称・チョモランマはネパール統一国家の考えに反するとして採用されなかった。現在のネパール名・サガルマータはネパールの著名な歴史学者、バブラム・アチャリャ (Baburam Acharya) によって考案されたものである。しかしその後もしばらくの間は、カトマンズから東方に高く見えるガウリ・シャンカルがサガルマータだと思っている人が多かった。

2002年、中国の人民日報は西洋でも英語名エベレストの使用をやめて、チベット名のチョモランマを採用すべきと主張する記事を掲載した。人民日報はチョモランマというチベット名は280年以上前の地図にも記載されており、英語名よりも歴史が長いと主張している。


スポンサーリンク

>

strong> ★アジア、ロシア - 絶景&記事★
↓↓↓こちらの絶景&記事もご覧ください↓↓↓

【シンガポール】セントーサ島

【インド】タージマハル

【カンボジア】アンコール・ワット

【ミャンマー】ゴールデン・ロック

【ベトナム】ハロン湾

【インドネシア】バリ島

【モルディブ】モルディブ

【中国】九寨溝

【中国】万里の長城

【中国】福建土楼(ふっけんどろう

【中国】南天一柱j

【ロシア】聖ワシリイ大聖堂

【ロシア】バイカル湖



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
ネパール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。